マネーリテラシー

8万円ゲット(予定)

 

れっしー

今回はマイナンバーカードのマイナポイントを紹介します。

マイナンバーカードの取得・申請により、

4人家族の我が家では合計8万円分のポイントが付与されます。

すでに第一弾は実施されており、第二弾が2022年6月ごろから手続きが開始します。

煩わしくて手続きをしていない方も貰えるものは貰いましょう。

 マイナンバーカード取得方法

まずはマイナンバーカードの取得が必要です。

個人番号通知書記載の交付申請用のQRコードを読み取ります。

オンラインで申請します。

マイナンバーカードの顔写真もこの時に携帯で撮影しました。

オンライン申請から1か月後の忘れた頃に

交付通知書が届きます。

指定された交付窓口(区役所等)に赴きマイナンバーカードをゲットします。

交付時に数字4桁の暗証番号を登録します。

暗証番号マイナポイント登録の時に必要ですので携帯にメモしときましょう。

 マイナポイント

マイナポイントを簡単に説明します。

マイナポイントとはマイナンバーカードを取得した後に申請すると付与されるポイントです。

ポイントはお金と同じです。

申請するだけで貰えるなら貰いましょう。

少しの手間でポイントが貰えるのでまだ申請していない方はしたいところです。

恐竜ちゃん

ただ期限があるので注意が必要です。

(マイナンバーカード申請期限2022年9月末

(マイナポイント申込期限2023年2月末)

 マイナポイント第一弾(最大5千円分)

マイナポイントの登録をします。

  1. 手順は上記のマイナポイントアプリでマイナポイントを予約します。
  2. マイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済を申込します。(登録)
  3. 2万円分の買い物(もしくはチャージ)すると5千円分(25%)のポイントが後日付与されます。

※15歳未満の子どものマイナポイントの申込は法定代理人が行うことができます。

※15歳未満の子どものマイナポイント付与のキャッシュレスサービスも法定代理人の名義のキャッシュレスサービスに申込が可能です。

※同じキャッシュレスサービスに複数人のマイナポイントの付与することは出来ませんので、法定代理人名義の異なるキャッシュレスサービスを選択する必要があります。

恐竜ちゃん

例えば母親がPayPayを選択した場合、

15歳未満の子供のキャッシュレス決済は母親名義のPayPayを選択できず、

他のキャッシュレス決済を選択しなければいけないということです。

 マイナポイント第二弾(2022年6月頃開始)

  1. マイナンバーカードを健康保険証としての利用申込で7,500円相当のポイントゲット
  2. 公金受取口座登録で7,500円相当のポイントゲット

第一弾、第二弾合わせて一人当たり2万円分のポイントが付与されます。

我が家は4人家族なので合計なんと8万円分のポイントが付与されます。

申請するだけで貰えますのでこんなお得なことはないです。

いずれマイナンバーカードが必要になってくるのであれば今こそ申請しましょう。

れっしー

第一弾については買い物も必要ですが、

キャッシュレス決済サービスとして

クレジットカードを登録して

日々の買い物をすると余分なお金は出ていきません。

以上

マイナンバーカードのマイナポイント

でした。

目指せ

家族で

資産1億円!!

RELATED POST